THERMOSストローボトルの『FHL-401F』ストロー部品の交換

1.THERMOS(サーモス)って日本企業らしい

優れた保温技術でステンレス製魔法瓶などを製作・販売しているTHERMOS(サーモス)

THERMOSって実は日本の企業なんです。世界初のステンレス製真空断熱魔法瓶を開発・発売した日本酵素が

1989年に世界各地のTHERMOSグループを傘下に収め、2001年にサーモス株式会社を設立しています。

今現在でも、日本を代表する製造メーカとして、数々のヒット商品を世界中で販売しています。

2.THERMOSのストローボトル「FHL-401F」について

1才娘に、熱中症対策として冷やして持ち運びできる保冷ボトルをTHERMOS「FHL-401F」を購入しました。ストロータイプの飲み口でキャップもワンタッチでオープンできます。

なので1才の娘でも、飲みたい時に自分で開けてストローを吸って飲むことができるので、使い勝手がGOOD。3才になった今では、ショルダポーチに保冷ボトルを入れて肩から掛けてお出掛けしています。

GOODポイントとして、ストロー部分やキャップユニットは取り外して洗えるので衛生的です。

内容量も400mlなので1才から4才の幼児であれば1日分として十分な容量です。

MEMO

・容量は400ml

・飲みやすいストロータイプの飲み口

・幼児でも開けやすいワンタッチオープン

・ストロー部分には、水滴飛び散り防止機構あり

・キャップユニット、ストロー部分も分解して洗えるので衛生的

・肩にやさしいポーチ付き


3.ストローボトルのストローが経年で変色

THERMOSのストローボトルはかなり使い勝手がいいのですが、

購入してから2年が経ち、ジュースや麦茶等を入れているので着色してストロー部分が変色してしまいました・・・

毎使用ごとに洗浄していますが、着色は防げませんでした。見た目が衛生的ではないのでストロー部分だけ交換することにしました。

後で知りましたが、交換目安は1年だそうです。

新品と比べるとめちゃくちゃ黄ばんでる・・・・・・。ここまで着色してしまうと、洗剤で落とすのは困難です。

4.Amazonで交換用ストローセットを購入

今回は、Amazonで交換用のストローセットを購入しました。

注意としては、Amazonでは最小注文個数が2個以上であることです。なので、私は2個購入しました

楽天やTHERMOS公式販売で1個から購入できるのですが送料がかかるので、送料が無料になるAmazonで購入しました。

MEMO

・Amazonでの最低注文個数は2個

・他の販売サービスでは、送料がかかる


5.ストローセットの交換

購入したストローセットと古くなったストローセットを交換していきます。

交換部品は、飲み口、ストロー、バルブの3点になります。

ストローとバルブは組まれた状態で入っていました。

古くなったストローを取り外し

キャップユニットの裏から飲み口ごとストローを取り外します。

新品の飲み口を取り付ける

購入したストローセットから飲み口を取り出取り付けていきます。

飲み口は漏れ防止のため、しっかりとはめ込んでください。

ストローとバルブを取りつける

先ほど取り付けた飲み口にストロー部分を差し込みます。

バルブは最初からストローに挿入された状態でしたが、外れていた場合

ストロー部分に差し込みます。

完成

最後、ボトルにキャップユニットを取り付けて

最後に水を入れて、漏れがないかを確認して完成です!

ボトルのストローが交換によって驚きの白さに!

6.感想

今回、THERMOSストローボトル「FHL-401F」のストローセットを購入し交換してみました。

交換自体は数分ぐらいで出来ました、とても簡単でした。

ストローセットの交換目安は1年なので、次回また1年後に交換したいと思います。