【601km以上】JR往復割引乗車券のススメ【鉄道】

JRの乗車券には往復割引という割引制度があります。鉄道に乗る距離が片道の601キロを超えるかつ、出発前に往復で購入すると、乗車券を1割引きで購入することができます。

JRの在来線の電車や新幹線などに乗る時に、乗車駅から目的の駅までの片道の営業キロが601キロを超えると往復の乗車券が1割引きになります。
(※特急券は対象外)

例えば、東北新幹線で東京駅から新青森駅間の切符を購入したときの例を参考に、次の項にて説明します。(通常期、はやぶさ)

行き帰り別で購入すると損?

片道の料金は、上記の例だと
乗車券(¥10,340)+指定席特急券(¥7,330)=17,670となります。

行き帰りなので、
¥17,670×2=¥35,340 となります。

往復乗車券で買うと得?

上記の片道料金から

乗車券(¥10,340)が1割引きで¥9,306で端数は切捨てなので乗車券(¥9,300)

乗車券(¥9300)+指定席特急券(¥7,330)=¥16,630が往復となるので、
(※往復割引は10円未満は切り捨てとなります。)

¥16,630×2=¥33,260

行き帰り別々で購入した時と比べると、約¥2,000得することになります。
ただし片道が営業キロ601km以上であることが条件となります。

Point

JR線で片道が営業キロ601km以上であれば、往復の乗車券が一割引きになる

営業キロとは

営業キロとは、目的駅から降車駅までの線路の距離のことで、各鉄道会社は営業キロという距離単位を用いて運賃を計算しています。

営業キロによって、乗車券の運賃や、切符の有効期限などが決まるので、お得に旅行したい方は言葉だけでも覚えておくと役に立ちます。

営業キロの調べ方は、JRが発行する時刻表や乗換検索サイトで調べることができます。
(駅探だと往復料金を出してくれます。)

乗車券・特急券違い

乗車券は在来線・新幹線に関わらず、出発駅~目的駅までにたどり着くための基本料金みたいなもの。

乗車券

特急券は新幹線、特急列車に乗るための券、早く到着するという付加価値に払うオプション料金みたいなもの。

指定席特急券

乗車券と特急券を1枚にした、乗車券・新幹線特急券という券もあります

乗車券新幹線特急券

他にも、自由席、指定席、グリーン券、寝台券等々があります。

降車駅を遠くすると安くなる?

営業キロが601kmを下回っていた場合でも、降車駅を遠くし往復乗車券を買うことでと安くなる場合があります。

乗車券、特急券を東京~新神戸間(営業キロ589.5km)で購入した例を下記に示します。

片道の料金は
乗車券(¥9,460)+自由席特急券(¥4,960)=¥14,420となります。

往復は割引対象外なので¥28,840になります。

条件を変えて乗車券を東京~西明石、特急券を東京~新神戸に変えると下記になります。

片道料金は、

乗車券(¥9,790)+自由席特急券(¥4,960)=¥14,420となりますが往復割引の対象になります。

なので、乗車券が1割引きで¥27,540になります。(※往復割引は10円未満は切り捨てとなります。)

Point

東京~新神戸の往復乗車券場合、乗車券を東京~西明石、特急券を東京~新神戸にすると1000円安くなる!

普通に買うより、降車駅を先に延ばし、往復で買うことで安くなる場合もあります。

指定席特急券の時刻変更はできる

指定席特急券は乗車駅発車前であれば変更可能です。窓口または自動券売機で変更可能です。

帰りの時刻がわからない場合、発車時刻を遅く購入しておいて、

帰る時間が決まってから窓口等で変更することもできます。

繁忙期・閑散期・通常期とは?

JRの特急券には繁忙期、閑散期、通常期で特急券の料金が変わることがあります。

Point

通常期:通常の特急料金

繁忙期:通常の特急料金+200円(乗る人が多い時期)

最繁忙期(※JR東日本のみ):通常の特急料金+400円(繁忙期より多い時期)

閑散期:通常の特急料金-200円(乗る人が少ない時期)

繁忙期、閑散期の時期についてはJRによって異なるので各JRのホームページで確認してください。

さらにお得なJR+宿泊プラン

往復割引を使えば、お得に旅行をすることができます。宿泊を伴う旅行であればJRと宿泊がセットになったプランが、とてもお得でおすすめです。電車や新幹線の移動費が含まれたプランなので別々に購入するよりも、かなりお得なのでオススメです。

JR+宿泊のプランを最大14日間で設定できる「びゅうトラベル」というサービスもあるので参考にしてみてください。

他にも、団体割引や、チケットレスサービスや学割など、様々な割引サービスがあります。詳しくはお得にJRきっぷを買う方法を参照してください。